齋藤有希子・山村一夫 二人展

  • 2017.02.08 Wednesday
  • 23:49

 


冷たい北風を吹き飛ばすように、あたたかな阿蘇で生まれた器が並びます。
薪窯で焼き上げられたあたたかな火色が綺麗な器の展示が始まりました。

 

 

2月8日(水)〜2月13日(月) 
12:00〜19:00
齋藤有希子・山村一夫 二人展

 

 

 

今回の二人展は二部屋にそれぞれの作品が並ぶ個展が二つ開催されているような空間です。

 

山村さんは阿蘇に薪窯を持つ作家さんです。
その作品は磁器を薪で焼くことによって得られる火色が特徴です。

 

 

薪窯は入れる場所によって灰のかかり具合、火の通り道などで模様の出方が変わります。
両方に火色を入れるために何度も焼いたりとこだわりもたくさんです。

 

白いものも灰がかかると変化があり、一つ一つ表情が違います。
作家さんに一つ一つの思い入れを聞くのも面白いですよ!

 

 

 

 


斎藤さんの器も、今回は山村さんの登り窯に行き、薪窯で作られた作品が数多く並びます。

 

斎藤さんの器は蹴ロクロと呼ばれるスタイルで作り出されています。

電動ロクロで作る作品がほとんどになりつつある現在、あえて
自分の蹴る力で引くロクロは、絶妙なスピードも調整しやすく、
心地いい回転の中で生まれた作品たちです。

 


美味しい料理が大好きな斎藤さんの作る器は、
どれも用途がはっきりしていて使いやすそうです。
今年の新作、中国茶器にもご注目ください。

 

 

毎年好評な作家の器に美味しいお料理を盛り付けたコース料理が食べれる日は
今年は予約が満員になってしまいましたが、阿蘇の馬刺しと美味しいお酒のコースが
食べられる日が会期中開催予定です。

和の器の魅力の詰まった空間をぜひご覧ください。

 

 

 

次回の展示は、

2月18日(土)〜2月26日(日) 
12:00〜19:00 ※21日(火)は休廊
西 誠人  キャット・カーヴィング展
春よ来い・にゃん・ニャン

とても可愛らしい仕草ですが、とても精密な彫刻が並びます。
18日はオープニングパーティーもありますよ。

 

 

余談になりますが、大切なお知らせを一つ。
ギャラリーのメールアドレスが変わりました。

 

monogallery@galaxy.dti.ne.jp

 

ホームページでも更新いたしますが、こちらでも。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

  • 2017.07.28 Friday
  • 23:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM