布と糸+陶磁 二人展

  • 2020.10.08 Thursday
  • 16:46

 

 

しとしとと雨降りの吉祥寺。

台風の近づく影響で雨続きですが、

しっとりと静かな街並みとささやくような花達の作品が並びます。

 

10月8日(木)〜10月12日(月)

12:00〜18:00 ※最終日は16:00まで

布と糸+陶磁 二人展

 

 

戸田純惠 (衣服・布小物)

アンティークリネンを使ったり、クロッシェレースを編んだり、刺繍やブティーを施したり…手仕事から生まれた洋服や小物たち。

 

岸本眞季 (陶磁器)

草花、ガーデンハーブ、身近な自然そのままをモチーフに制作した植物柄の器やアクセサリー、ボタンたち。

 

 

戸田さんはアンティークリネンを使ったお洋服や小物を作っています。

 

こちらの洋服はアンティークのシーツを仕立てたもの。当時の刺繍を袖元に生かしたり、布の雰囲気に合わせて植物などの細やかな刺繍を施しています。

 

最近、実際に使われている点字が模様としてきれいだなというところから、目の見えない方が服を纏うならどんな服が良いかなと考え、詩を服に点字として刺繍した作品が印象的です。

刺繍模様としても、選ばれた詩も素敵です。

 

 

 

 

岸本さんの作る磁器には本物の植物から象られた模様が施されています。

 

 

ユーカリやムラサキシキブ。セージ、ローズマリーなど、たくさんの小さな植物から花のマンダラのような模様が作られた器。

植物をそのまま閉じ込めたようなボタン、アクセサリー。

 

どれもそっと撫でて楽しみたいような作品です。

 

 

 

 

ぜひ繊細できれいな刺繍と陶の世界をお楽しみください!

 

スポンサーサイト

  • 2020.10.28 Wednesday
  • 16:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM